PR|大阪での解体工事の一括見積もりなら|
工事関連の仕事でもしていれば解体工事の費用といのも目安もわかるかもしれませんが、一般にはどれぐらいかわからないことも多く、自宅を改築するとき初めて解体の費用について考えるということも多いと思います。

 

どちらかというと新築の工事なら坪単価や平米単価なども住宅雑誌など目にすることがあると思いますが、同じように解体工事も大体の平米単価なども情報として探すこともできます。

 

ネットでも解体費用で検索するとすぐにでてきます。地域によって単価も違いますし、新築と同じように構造によって金額も違います。木造や鉄骨、鉄筋コンクリートなどでも費用が違ってきます。

 

私の主人の両親が亡くなり、家を継ぐはずの兄弟達も結婚でみんな家を出てしまい、実家が空き家になってしまいました。両親が亡った時に実家を相続した兄は仕事の都合で家には住めずマンション暮らし、実家はみんなの物置代わりになっていたのです。

 

こうなってしまうといつか取り壊そうと思っていた実家も解体工事費や固定資産税を考えて、なかなか壊せず何年も放置していました。

 

このままずっと空き家のままだと、災害があったとき近所のお家に迷惑がかかるのではと心配していた時、なんと実家のブロック塀に乗用車が突っ込んだのです。

 

その事故のせいで家の壁も少し破損してしまい、空き家は急遽取り壊す羽目になりました。
困ったのは家の中にまだ両親の荷物がそのまま残っていたこと、物の多さに愕然としてしまいました。
いらないものは業者に処分を頼むとしても、思い出の品をどうしたらいいのか、本当に悩みました。

 

それと同時に自分の住んでいる家の物の多さも実感して、もし今自分が死んでしまったら子供達は私のものを処分できるのか?
私は今、実家の片付けと共に私自身の持ち物を減らすことに取り組んでいます。

 

長年空き家だった実家も思い出が詰まっていて壊すとなると本当に寂しい気持ちになりますが、ご近所への迷惑も考えるとやっと空き家を解体できるという安心感で少し肩の荷がおりてホッとしています。解体工事は新築工事と違ってグレードの違いというものはないので金額の目安もつきやすいと思います。

 

また、解体では廃材処分費やアスベストなど有害物質が含まれていれば処理費用などがプラスされることもあるのでそういった部分では余分にみておく必要があります。解体の見積もりも出してもらえるのでとりあえず業者に依頼してチェックするといいでしょう

空き家を持ってると思うだけで負担に感じていた事に気づきました。

 

<PR>童話|お家の見直ししま専科|工務店向け集客ノウハウ|JALカード|マッサージのリアル口コミ.com|生命保険の選び方|内職 アルバイト|生命保険の口コミ.COM|オーディオ|女性向けエステ.com|GetMoney|健康マニアによる無病ライフ|初値予想|アフィリエイト相互リンク|サプリメント|お小遣いNET